記事詳細

【酒井政利 時代のサカイ目】持ち味が消えてる…有働「zero」 魂揺すぶられる椎名林檎のテーマソング (1/2ページ)

 秋番組の衣替えが始まっている。今期、最も注目を集めたのはキャスターの有働由美子。NHKを退局し、民放のレギュラー初仕事になる『news zero』(日本テレビ)でどんな名調子を聞かせてくれるのか気にかかる。

 残念ながら期待ほどの良さがまだ見えてこない。やはり『あさイチ』(NHK)での井ノ原快彦との息の合った掛け合いのイメージがあるだけに、どこか物足りなく感じてしまう。パートナーの不在感も強い。

 『あさイチ』で感じられた爽やかな生活感が『news zero』では消えて、むしろカラフル。それが彼女の持ち味を消している。むしろ初回終了後に出演した生放送の『月曜から夜ふかし』でのマツコや村上信五とのトークのほうが有働らしさが出ていた。

 1日の終わりに彼女のさわやかな笑顔でその日の出来事の報告を受けるのは、どこかホッとするだけでなく、明日への活力にもなる。ただ彼女の持ち味は、どこか天然とも思わせるさりげなさ、それでいてストレートな発言だろう。タブー視されている内容でもオブラートに包みたくなる性的なことでも、有働が発すると驚きとともにクスッと笑いながら聞き入ってしまうという柔らかさのマジックがある。

 キャスター陣のチームワークが練れてくれば、そんな彼女の良さも際立ち始めると思う。

関連ニュース