記事詳細

【ぴいぷる】万馬券クイーン・松中みなみ、目指せ女優の1番人気! 尾てい骨にひびも…「スイッチ入った」 ウマジョ魂で撮影完走 (1/3ページ)

 展開を軸に予想し、3年連続万馬券100本超えを達成した「万馬券クイーン」。秋のGIシリーズも満を持してスタート、独自の予想理論を駆使し、総合レースサイト「サンスポZBAT!競馬」で活躍している。

 「今は『攻め』の姿勢と予想への自信、そして直感を大切にしています。周りの評判とかを気にして予想に自信が持てない部分もあったんですが、去年のチャンピオンズカップ(中京、12月3日)で、攻めを意識して選んだゴールドドリームがからんで15万馬券(3連単)になったことで、新しい自分のスタイルが見えてきたんです」

 持ち前の探求心と直感力でつかんだ幸運は万馬券だけではない。

 初主演映画「OUT ZONE」(菅乃廣監督)が8月、カナダで開催された第42回モントリオール世界映画祭に正式招待され、レッドカーペットを初体験。海外デビューを飾り、女優として大きな一歩を踏み出した。

 「まさか自分が映画に主演するなんて、想像もしていなくて。しかも国際的な映画祭に招待されて、作品が上映されたのはメーン会場であるインペリアルシネマ。夢のような体験でした」

 トロント国際映画祭と並ぶ北米最大規模の映画祭だけに、喜びもひとしおなのだろう。思わず顔がほころぶ。だが、現地で行われた上映会に参加したとき、喜びとは別の感覚が湧き上がっていた。

関連ニュース