記事詳細

【ぴいぷる】壱城あずさ、素顔のリスタート いまだから明かせる「宝塚」退団の理由 (1/3ページ)

 宝塚歌劇団星組の人気男役。その電撃退団に多くのファンが嘆き驚いた。あれから9カ月。現在、芸人、俳優ら個性ある面々が集う芸能事務所に所属、男役ではなく素の女性で勝負している。

 退団の際、「結婚か」と周囲を騒然とさせたが、「『私が誰と結婚すんねん』と自分にツッコむほど驚きました」と振り返る。

 退団の意志は、卒業する1年前に劇団に伝えた。

 「普通は出演する作品を踏まえて退団の時期を決めるので、(辞めることを先に決める)そんな人はいないって言われました。ただ、退団公演の作品の演出家が同期で、ショーも私の初舞台を作っていただいた先生。神様のご褒美だったのかな」としみじみ語る。

 高校生の時、母の友人から送られてきたビデオで、宙組(そらぐみ)トップスターの姿月あさとにひと目ぼれ。迷いなく宝塚音楽学校を受験するが、1次試験であっさり落ちた。だが翌年、再挑戦し、首席で入学する。

 幼少期から新体操を習い、中学・高校時代は学業より「厳しかった」新体操部でキャプテンとして磨いた精神力。入学後はそれが生き、すぐさまリーダーとして頭角を現し、成績もトップクラスを維持した。勢いそのままに憧れのステージへと前進するが、「宝塚(歌劇団)時代は悔しさばかりでしたね」と意外なことを口にする。

関連ニュース