記事詳細

【中本裕己 エンタなう】悶々とした中年男が国際結婚の先に見たものは… 映画「愛しのアイリーン」

 一般映画で、これほど女性陰部の四文字を連呼しまる作品があっただろうか。社会の不条理をえぐる作風で知られる新井英樹氏の同名漫画を実写化した「愛しのアイリーン」(公開中)は、四十男の婚活から国際結婚、そして先の読めない暴走の末、迷宮に引きずり込まれる異色作だ。

 寒村にある農家の自室で自慰にふける岩男(安田顕)は、恋愛知らずの冴えない42歳。勤務先のパチンコ店で妙な色気のある人妻店員(河井若葉)といい仲になりかけるが、「本気になられては困る」と通告される。悶々としたまま、村の真ん中で四文字を叫ぶ場面が可笑しく哀しい。フィリピンから若い嫁アイリーン(ナッツ・シトイ)を迎えて、実家に連れ帰ると、超保守的な老母ツル(木野花)の鬼のような逆鱗に触れてしまう。

 偏見に満ちた罵倒と暴力でアイリーンを追い出しにかかるツル。コミュニケーションが下手な岩男は、嫁を守るでもなく「とにかくさせろ」と四文字を叫びながら野獣のように襲いかかる。アイリーンにも大家族への仕送り目的で来日した打算がある。いびつな関係ながら岩男に夫らしさが芽生えた頃、アイリーンが地元ヤクザ(伊勢谷友介)に拉致されてしまう。死に者狂いで奪還にゆく岩男…。

 息子を溺愛する反動でアイリーンを罵るツルの演技がとにかく凄まじい。そして、思いも寄らない方法でアイリーンへの気持ちを表現する岩男の行為が明らかになる結末がなんとも切ない。 (中本裕己)

関連ニュース