記事詳細

【ぴいぷる】富田靖子、母となりときめく あの頃の自分と出会い…改めて“お芝居が好き” 7年ぶり舞台「母と暮らせば」出演 (1/3ページ)

 昔と変わらない可憐な姿を見せる一方、妻として、母としての顔ものぞかせる。さすが女優だ。

 10月5日から東京・紀伊國屋ホールで上演される2人芝居「母と暮せば」に出演する。「炎の人」以来、実に7年ぶりの舞台となる。

 「オファーをもらったのは2年ぐらい前でした。たまたま、友人の娘さんが出演する学芸会の舞台の台本読みに付き合うことになり、その子の台本を目にしたんです。すると、せりふの一つ一つに、ああ動いてこう動いてとか、あんな気持ちやこんな気持ちとか、いっぱい書き込まれていて、ときめいたんです。私も舞台やりたいなって思っていたときに、お話をいただいたんです」

 初めて舞台に向き合ったころの初々しい気持ちを思いだしていた。

 「私は映像から入ったので、舞台に立つようになったとき、全然太刀打ちできなくて。その子の台本には、舞台で何かと模索している、あのときの自分がいたんです」

 「母と暮せば」は2015年に吉永小百合と二宮和也主演で、山田洋次がメガホンをとった作品の舞台化だ。1948年の長崎。助産婦をして暮らす母親の前に、3年前に原爆で死んだ息子が亡霊となって現れるが…。

 映画では吉永が演じた母役だが、「それはもうプレッシャーですよ。吉永さんは憧れの女優さんですし。でもママ友から“吉永さんとはタイプが違うし、楽しみ”ってLINEが届いたんです。そうなんだって。私なりの『母と暮せば』を目指せばいいのかなって」。

 さらにプレッシャーを感じていることがある。自身にとっては初めての2人舞台なのだ。

関連ニュース