記事詳細

「プーさん」が解放した水卜ちゃんの“心労” 「何のために私は働いているんだろう」

 22日にはコラボ番組でNHKにまで出演した日本テレビの水卜麻美アナ(31)。“最強女子アナ”の座にまっしぐらのようだが、実は心に闇を抱えているようなのだ。心配だ。

 NHKとのコラボ番組では、お茶の間にいつものようにはじける笑顔を届けた水卜アナ。“大食い”といったキャラなど、飾らない等身大の姿が人気だ。

 そんな水卜アナだが20日放送の日本テレビ系「スッキリ」で、気になる発言をしていた。

 映画「プーと大人になった僕」を紹介した際のこと。映画を見たという水卜アナは始まって5分で号泣したことを明かしたのだ。そして「何のために私は働いているんだろうって…」とも。

 さらに「プーさんのいうことだから、素直にきける」「会社に帰るのがきまずいぐらいだった」とも明かした。

 「いまや日本テレビを背負っており、そのプレッシャーは並大抵ではないでしょう。さらに朝の情報番組のMCなので、朝5時起きという生活が続き、なかなか自分のための時間というのもないということもあります。そして報道志望ながら、なかなか現場に赴けないという思いもあるようです」と放送関係者。

 それでも水卜アナの笑顔が視聴者をなごませているのは確かだ。

関連ニュース