記事詳細

共演NGと噂される米倉涼子と松嶋菜々子 同じ弁護士役で対決 (1/2ページ)

 ショートパンツにピンヒールのロングブーツを合わせた美貌の元弁護士。弁護士資格を剥奪されたのは、暴力団と手を組んで恐喝をはたらいたから、と噂され--。

 10月からの新ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系)で米倉涼子(43才)が演じるのは、不利な条件下でも、勝利を奪い取る切れ者だ。

 「米倉さんが“新しい挑戦をしたい”と希望して完成した役柄です。髪も、きりっとショートにしました。人生でいちばん短いそうです。それほど今作に気合を入れているんですが、現場のスタッフは “なんでこのタイミングなんだ”と撮影とは違った不安を覚えています」(テレビ局関係者)

 その原因は、松嶋菜々子(44才)の存在だ。

 「松嶋さんが米倉さんと同じ弁護士役で、秋のスペシャルドラマに出演するんです。しかも、同じテレ朝のドラマ。なんでも、テレ朝が松嶋さんを何年もかけて口説き落とし、ようやく実現したとか」(前出・テレビ局関係者)

 松嶋が主演を務めるのは『誘拐法廷~セブンデイズ~』。原作は韓国で大ヒットとなった映画で、誘拐された一人娘を助けるために格闘するストーリーだ。視聴率女王が同じ弁護士役でガチンコ対決--。だが、2人の闘いはもう少し根が深いという。

 「米倉さんと松嶋さんの関係に周囲がピリピリしている。原因は、2010年に公開された映画『交渉人 THE MOVIE』にあります。その映画で米倉さんと、松嶋さんの夫である反町隆史さん(44才)が共演したのですが、女性警官と犯人役の2人の親密さが話題になったんです。育休中で、仕事を制限していた松嶋さんがその様子を伝え聞き、複雑な思いをしたと報じられました」(スポーツ紙記者)

NEWSポストセブン

関連ニュース