記事詳細

鳥越俊太郎氏 共演した田丸美寿々アナに殺意を覚えた思い出

 『報道ステーション』〈テレビ朝日系〉の小川彩佳アナ(33)と富川悠太アナ(42)の「確執報道」が改めて浮き彫りにした愛憎劇。テレビ界の歴史では、このような男女キャスターの確執は幾度となく取り沙汰されてきた。

 鳥越俊太郎氏(78)は、1989年にスタートした『ザ・スクープ』で畑恵アナ(56)との間に不穏な空気が露呈した。その後、鳥越氏は、1年で降板した畑アナに代わってキャスターを務めた田丸美寿々アナ(66)ともぶつかり合ったと明かす。

 「CMに入ると、2分くらいずっと言い合いをしましたね。『あんた喋りすぎだ』とか。限られた尺のなかで、田丸さんと時間の取り合いになるんです。僕がモタモタ話してたから、イラついたんでしょう。

 ある日、番組が終わって僕がメイク室で鏡を見ながら化粧を落としている時、彼女がこう言ったことがありました。『鳥越さん、一度しかいわないから聞いてよ。あなたは30秒のコメントに血を吐いてない。私たちアナウンサーは5秒あれば大抵のことはいえる』と。この時ばかりは僕も殺意を覚えました。

 でも、それだけお互いが真剣だったんです。ぶつかり合うのは全力で番組に向き合っている証拠。実際に仲が悪くなったわけじゃありません。何日か口をきかないことはあったけどね(笑い)。今でも仲良くしていて、彼女の誕生日には毎年バラの花束を送っていますから」

 ※週刊ポスト2018年9月14日号

NEWSポストセブン

関連ニュース