記事詳細

有働アナ激怒! 「news zero」共演内定の青山キャスターがセクハラ疑惑で降板 (1/2ページ)

 ニュース番組にも出演し「官邸王子」とも呼ばれた日本テレビの青山和弘解説委員(50)が9月1日付で報道局から他部署に異動した。しかもその理由にセクハラ疑惑が絡んでいるという。10月から「news zero」で元NHKの有働由美子アナ(49)との共演が内定していたがそれもフイに。青山氏を推した有働アナも激怒しており、4日の会見でも笑顔の中にも怒りの一端をにじませた。

 青山氏は9月1日付で報道局から日本テレビホールディングス経営戦略局グループ推進部に出向になった。その異動に対し、「20代の女性社員へのセクハラ疑惑が取り沙汰されています。無理やりお酒を飲ませて酩酊状態にさせた上で、肉体関係を迫ったという。さらには女子大生アルバイトへのセクハラ疑惑もあるようです」と複数の日テレ関係者が話す。

 こうしたセクハラ疑惑は4日から一部メディアで報じられており、本紙の取材に日本テレビ広報部は「個別の記事の事実確認についてはお答えしていません」とコメント。スポーツ紙などでは「セクハラの事実は確認できていない」としていると報じられたが、これは「青山氏が合意の上だったと説明しているそうなんです」と関係者。

 青山氏は東大文学部卒、1992年に日テレ入社。2年目で政治部に異動し首相番を担当。ニュース番組に多数出演し、政治の舞台裏をわかりやすく説明することで注目された。2014年には解説委員、16年から官邸キャップを担当。

 そんな青山氏だが「報道局のエース」として君臨する一方、プライベート面では芳しくない評判も聞こえてくる。

関連ニュース