記事詳細

中村玉緒、松原千明、仲間由紀恵… 浮気「サレ妻」芸能人今昔 (1/2ページ)

 豊臣秀吉は20人、勝海舟と田中角栄は5人。それは彼らが「お妾さん」として、妻のほかに関係を持っていたとされる女性の人数だ。「女遊びは芸の肥やし」といわれる芸能界ではとくに顕著で、“日本一豪快な俳優”といわれた故・勝新太郎さん(享年65)はその代表格。

 1961年に中村玉緒(79才)と結婚したあとも、女優の原田美枝子(59才)をはじめとして流した浮き名は数知れず。中村は「今どの人とつきあっているのかわからないくらい多くて、やきもちを焼く暇がなかった」と振り返っている。しかし勝さんに怒りをぶつけることも三行半を突きつけることもなくふたりは添い遂げた。「女は黙って許す」が当時のスタンダードだったのだ。

 1970年代に入り、女性の社会進出が進むにつれ、妻が声を上げはじめる。象徴的な夫婦が1975年に結婚した、峰竜太(66才)と海老名美どり(65才)。1982年に峰の“7年目の浮気”が週刊誌にキャッチされるやいなや妻の美どりは大激怒。峰は前代未聞の「妻同席で不倫釈明会見」を開いて謝罪。怒り狂った妻から殴られ蹴られ、散々な目に遭ったと語っている。

 浮気が原因で悲惨な姿をさらすことになったのは、石田純一(64才)も同じ。1996年、モデルの長谷川理恵(44才)との8年にわたる不倫を芸能リポーターから追及され、苦し紛れに発した「不倫は文化」発言が大バッシングを受け、仕事は干され、妻の松原千明(60才)とも離婚した。

NEWSポストセブン

関連ニュース