記事詳細

報ステ、富川アナと小川アナのやり取りは離婚決まった夫婦みたい

 『報道ステーション』(テレビ朝日系)のキャスター・小川彩佳アナが9月いっぱいで降板し、10月からはネット放送局「AbemaTV」の報道番組『Abema Prime』のメイン司会に就くことが決まった。

 この降板劇の背景には、“相方”である富川悠太アナとの確執があったと週刊文春で報じられ波紋を呼んでいる。

 プロデューサーや担当ディレクターらが参加する打ち合わせで、富川アナが「小川はインタビューが下手だからちゃんとやってね」と発言したり、番組終了後の反省会で小川アナの不出来を叱り続けるなど、二人が“冷戦状態”にあると同誌は指摘した。そのため小川アナは心身ともに限界に達していたという。

 「確かに最近、双方の間に微妙な距離はありました。さらに報道が出たことでスタッフも余計に気を遣うようになってしまって……。本番中の2人の絡みもだいぶ減りました。出演者も裏方も、やりづらくて仕方ない」(テレビ朝日関係者)

 例えば8月29日放送の『報ステ』を見ると、小川アナと富川アナの会話は、体操女子の宮川紗江選手へのパワハラ問題と、山手線の新駅について取り上げた際に、それぞれ形式的に2~3言交わしたのみ。時間にして計15秒もなかった。

 これまでは少なくともスポーツコーナー以外では双方が話を振り合ったものだが、その淡白すぎるやり取りはまるで“離婚が決まった夫婦”のよう。

 ※週刊ポスト2018年9月14日号

NEWSポストセブン

関連ニュース