記事詳細

川田裕美アナの野望とは? いまやバラエティーに欠かせない人気者 (1/2ページ)

 いまやフリーの女子アナの人気ナンバーワンに躍り出た元読売テレビの川田裕美アナ(35)。バラエティー番組に欠かせない存在となっているが、実はもっと大きな野望を抱えていることがみえてきた。

 2015年4月にフリーに転身した川田アナは現在、日本テレビ系「1周回って知らない話」やTBS「この差って何ですか?」、さらには関西テレビ「胸いっぱいサミット!」など、東京、大阪問わずレギュラーを多数抱える売れっ子アナ。

 「タレント個人が持つとされる潜在視聴率は5%ほどですが、アシスタント的な役割の女子アナでそれだけ持っていれば十分な数字。さらにMCもひな壇もできるオールラウンドなところで、バラエティーにひっぱりだこです」と制作会社関係者。

 そんな川田がホンネをのぞかせたのが、25日放送の読売テレビ「八方・陣内・方正の黄金列伝! 気になるアノ人にアノこと聞きたいSP」(関西ローカル)だった。川田アナは、この3月にNHKを退職したフリーの有働由美子アナ(49)が目標であることを明かしたのだ。

 「フリー女子アナの業界はすでに飽和状態。BSやネット局という選択肢もありますが、報道番組は数が限られている。そんな中で、フリーになって半年で日本テレビの『NEWS ZERO』のキャスターを射止めた有働アナは女子アナ界では別格です」と先の制作会社関係者。

関連ニュース