記事詳細

プロが教える本当に怖いホラー映画3選 (1/3ページ)

 夏は、ホラー映画の季節でもある。今年の暑さは尋常ではないため、顔面蒼白になりそうなほど怖い作品を見ても丁度いい気がする。

 「本当に怖いホラー映画を教えてください」という質問が「教えて!goo」にも寄せられており、数々の恐怖映画のタイトルが挙げられている。しかし、本当の恐怖を味わいたい人にとっては、まだまだ物足りないものかもしれない。ということで今回、映画評論家の前田有一さんに、本当に怖いホラー映画を3作紹介してもらうことにした。

 ■『オープン・ウォーター2』

 最初の作品は、夏にぴったりなホラー映画ということだが……。

 「夏にぴったりな作品といえば『オープン・ウォーター2』です。ここでは、あえて2作目をおすすめします。タイトル以外、前作とのつながりはないので『1』を見ていない人でも問題ありません。メキシコ湾にヨットで繰り出した仲良し若者6人が、沖合で海に飛び込んで遊んでいたら、さあ大変。ハシゴをかけ忘れたせいで、数メートル上の甲板に戻る手段がありませんでした、というお話です」(前田さん)

 前段だけでも、何か起きる感が半端ない。

 「ほんの少し上に安全地帯があるのに戻れない。そのもどかしさは、やがて恐怖へと変わります。『このまま永遠にビキニ姿で漂流……。いや、海ですからヤバい生き物がいるし、そんなのが来たらどうすんの?』、というわけで期待通りの展開となります。船体側面のツルツル感がいかにも絶望的ですが、なんと船内には仲間の一人が連れてきた数カ月の赤ん坊が寝ています。ハシゴも下さず遊んでいたバカな若者はともかく、かわいい赤ちゃんが放置され、じわじわ衰弱していくのはたまったもんじゃありません。これが、パート2ならではの凶悪な設定です」(前田さん)

 凶悪な設定とはいうが、この作品は実話だそうだ。

教えて!ウォッチ

関連ニュース

人気Q&A