記事詳細

【芸能ニュース舞台裏】結婚を応援させる状況にうまく着地 バッシングない早見あかりに事務所の知恵

 「スポーツ紙が年内にも結婚へ、と報じた日の午後には婚約会見を開き、包み隠さず質問に答えた。交際状況がメディアに一切漏れなかったため、バッシングも起きようがなかった」

 スポーツ紙記者が発表のうまさに舌を巻くのは女優の早見あかり(23)の結婚発表。

 「知り合ったのは2014年、早見が19歳のとき。普通ならはしゃいで周囲に漏らしたり、自ら発信したりしてしまいがちですが、早見はそうしなかった。結構慎重なタイプ。相手が一般人というのもよかった。一緒に歩いてもマネジャーと言い切って、ばれることもなかった。所属事務所にも早めに報告を入れていたようです」(前出・スポーツ紙記者)

 ウェブサイト記者は「早見の所属事務所は結婚のさせ方がうまいと定評があるところ。北川景子にしろ、山口もえにしろ、交際がスキャンダラスにならず、むしろファンも応援しやすい状況に着地させている。そういうところに事務所の知恵が見えるものなんです」

関連ニュース