記事詳細

伝説モデル、フラワー・メグ グラビア席巻時を振り返る (1/2ページ)

 エキゾチックな顔立ちに美しい肢体--1971年、フラワー・メグは彗星のように現われた。雑誌のグラビアを席巻、日本で初めてテレビで裸を晒し、瞬く間に世の男性たちの心を掴む。だが、わずか1年で引退。「伝説のヌードモデル」が、当時を振り返る。

 * * *

 デビューのきっかけは、当時ショーガールとして働いていたゴーゴークラブに雑誌『平凡パンチ』の方がいらして、撮影を依頼されたことでした。裸の撮影への抵抗は一切なく、見る人の心を揺さぶりたい一心で臨みましたね。

 真冬の玄界灘で今にも沈みそうな難破船に乗り込んだり、早朝の無人駅で裸になってゲリラ撮影をしたり。鳥取砂丘を傷だらけになりながら全裸で転がったのに、局部が写ってしまいほとんど使えなかったこともありました(笑い)。

 ヌード撮影はセックスに似ていると思います。初めは構えているけど、レンズの視線とシャッター音に次第に気持ちが高揚して、生身の自分をさらけ出していく。自分も知らない新たな一面を発見することでもありました。

 1年で引退した理由は妊娠が発覚して結婚したから。それからは「フラワー・メグ」を封印し、子供にも隠して生きてきました。でも10年程前、成人した子供が偶然インターネットで私の写真を見つけたんです。初めはびっくりしていましたが、幸いにも受け入れてくれて、今では応援してくれています。最近、活動を再開しましたが、年頃の孫に嫌われないかが心配ですね(笑い)。

NEWSポストセブン

関連ニュース