記事詳細

【ぴいぷる】鉄の女?実は甘え女子…比嘉愛未「弱さを見せられる人と夫婦になりたい」 (1/3ページ)

 凛とした美しさをもつ人気女優だ。

 「マルモのおきて」(フジテレビ系)や「DOCTORS 最強の名医」(テレビ朝日系)、「最上の命医」(テレビ東京系)など連続ドラマの放送後、続編やシリーズ化になった人気ドラマに出演することも多い。

 もしや、“持っている女優”ではないか?

 「ツイているなって思いますね。いい作品や人に恵まれ、思い出したくもない現場って1つもないんです」

 「コード・ブルー」(フジテレビ系)シリーズもその中の1つだ。2008年に連続ドラマが放送され、スペシャルドラマ、2ndシーズン、3rdシーズンを経て、27日から「劇場版コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」(西浦正記監督)が公開される。

 「10年間の集大成となる作品になっています。映像と音響に迫力があり、医療現場に居合わせたような気分になれると思うので、ぜひ、劇場でごらんいただきたいです」

 成田空港と東京湾・海ほたるを舞台にした未曽有の連続大事故が発生。藍沢耕作(山下智久)をはじめとする、救命救急センターのメンバー(新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉、浅利陽介)が立ち向かう。ベテランのフライトナース、冴島はるかを演じるにあたり、1stシーズンのときから、リアルな動きに見えるように特訓したという。

 「目線に気を付けて演じました。医者から『メス』と言われてからメスを取って渡すのでは新人っぽいので、指示が出たときにはもう渡せるように、常に次のことを予測して動くことが大切なんです」

関連ニュース