記事詳細

【サラリーマン ワンランクUPの極意】スピーチは意識してゆっくりと、やや低目に始めると楽 (1/2ページ)

★(4) 

 今回はスピーチです。初歩的なことからいうと大きな声でハキハキとしゃべることは良い声につながります。前にポーンと出せる声のほうがいいんですよ。

 でもね、アナウンサーでも声の大きくない人もいて、マイクに近づくとか、音声さんとコンビを組んで声を“固く”するとかしているんです。

 疲れてきたり、調子が悪かったりすると声は“丸く”なるので、ミキサーさんが調整して角を作ってくれるんです。声が小さい人は頑張って大きな声を出すより、会場の音響担当の方にボリュームを上げてもらうという手もあります。不安要素を取り除いたほうが、緊張感もほぐれますよね。

 私も入社当時は緊張で結構声がひっくり返ったものです。スポーツ中継で「ゴール!」って叫ぶと、ベテランでも声がひっくり返るぐらいですから、場数を踏んでない方が極度の緊張で声が不適切なキーになることはよくあることです。

 やはり出だしはゆっくりと、やや低目に始めると楽です。早くスピーチを終えたいと思うほど、早くしゃべろうとして高い音になりがちです。常に意識してゆっくり、低くという発想でしゃべり出すと、だんだん「おっ! このペースでいいんだ」と分かってきます。

 アナウンス・トレーニングの教室に通って、しゃべりがうまくなったと思うのは自信がつくからなんです。プロが教えてくれますから。「あっ、俺って意外にいけるかも」と自信を得ることが教室のプラス要素。

関連ニュース