記事詳細

【永瀬白虎 アイドルSEXY列伝】楽屋では乱闘寸前!? 杉浦幸、デビュー前は「元ヤン」衝撃の告白 (1/2ページ)

 6月28日深夜、W杯ポーランド戦の高揚さめやらぬまま、ザッピングをしていて「あ、今日だったのか!」と慌てて録画したのがテレビ朝日系『スマートフォンデュ』(毎月最終木曜深夜、次回放送7月26日深夜)。

 毎回、SNSで話題となる「アイドルだらけの歌謡祭」第4弾がオンエアされておりました。

 今回の出演は女性アイドルではセイントフォー様、杉浦幸様、つちやかおり様、木元ゆうこ様、原めぐみ様。(男性陣は松村雄基氏、風見しんご氏)

 番組がターゲットにしているのはまさに当コラムの愛読者層だろ、という顔ぶれです。

 3人組となって3月から活動再開されたセイントフォーは3回目の出演。番組サイトの「もう一度見たい」アンケートでも堂々の第1位をキープされています。

 ひとり10億、総額40億円デビューと騒がれた当時を、われらアラフォー世代なら誰もが知っているはず。

 どの番組を見ても4人に笑顔なし。とにかく必死で悲壮感を感じるグループでした。

 デビューから2年2カ月で大人の事情に巻き込まれる形で解散。

 再結成された今は、むしろ伸び伸びとされ、美熟女の魅力もプラスされてナイスです。

関連ニュース