記事詳細

NEWS小山騒動で日テレが沈黙するワケ 広がる波紋に…NHKは異例の苦言 (1/2ページ)

 人気アイドルグループNEWSの小山慶一郎(34)、加藤シゲアキ(30)の未成年女性との飲酒騒動が波紋を広げている。小山が謹慎20日で復帰する中、手越祐也(30)にも同様の疑惑が浮上。NHKが異例の苦言を呈する一方、最大の“被害者”である日本テレビが沈黙するのは、口を出せない理由があるからだ。

 日テレの情報番組でキャスターを務めていた小山を“文春砲”が直撃したのは今月7日。「週刊文春」の報道に、小山は「未成年とは知らなかった」と釈明して謝罪し、活動を自粛(27日に再開)。同席した加藤も所属事務所から厳重注意を受けた。

 さらに14日発売の同誌はやはりNEWSメンバーの手越にも未成年女性との飲酒疑惑があると報じたのだ。

 一連の騒動にNHKの木田幸紀放送総局長が20日、定例会見で「事務所が責任をもってコンプライアンスとか、教育を徹底していただきたい。タレント、アイドルである前に社会人ですので、自覚と責任を果たしていくよう指導をお願いしたい」と異例の苦言を呈したのだった。

 同局は、元「TOKIO」の山口達也(46)の強制わいせつ事件で、山口がMCを務めていたEテレ「Rの法則」が打ち切りに。さらに小山と加藤の騒動で、NEWSが司会を務めるBSプレミアム「ザ少年倶楽部プレミアム」も影響を受けるなど、多大な被害を受けたことが苦言につながったようだが、その一方で静観視しているのが日テレだ。

関連ニュース