記事詳細

とろサーモン久保田が「紅白」の現場で電話番号を渡した相手とは?

 21日放送の「VS嵐」(フジテレビ系)にお笑いコンビ・とろサーモンがゲスト出演。ツッコみの村田秀亮(38)がボケ担当の久保田かずのぶ(38)の 「アグレッシブすぎるところ」を暴露し、番組を盛り上げた。

 この日のとろサーモンは嵐チームの対戦相手として番組に出演。「相方に言いたいことがある」というスタジオアナウンスの振りを受け、村田が久保田についてぶっちゃけた。

 2人が「NHK紅白歌合戦」に出場した際、久保田が楽屋で「紙の裏に(自分の)電話番号を書きだした」のだという。村田は「これ、誰か(女性出演者)に渡す気や」と考え、「これだけは止めなアカン」と思ったのだという。すると久保田が「たまり」と呼ばれる出演者が集まる場所でうろつきはじめたため、村田は「歌姫に電話番号を渡しに行くんちゃんか」と危惧。「(渡したら)問題になるぞ」と警戒した。

 そんな村田の思いも知らない久保田だったが、彼が電話番号を渡そうとしたのは、なんとTOKIOのリーダー、城島茂(47)だった。久保田は「渡してはねぇよ!」とあくまで「未遂」だったことを強調。村田が「渡そうとしてたやん!」と反論すると、久保田は「渡そうとした、の何が悪い!」と毒づき、そして「城島くんが好きだ!」といきなり“カミングアウト”した。突然の告白に会場は大爆笑。一方の嵐は苦笑いを浮かべていた。(zakzak編集部)

関連ニュース