記事詳細

【外国人が見るニッポン】実際会ったら「誰やねん!?」 写真加工の常習犯へ告ぐ (1/2ページ)

 「Privet(プリヴェート)! 」(意味はハーイ!)

 みなさん元気?久しぶりやねぇ!

 こないだ、SNSでしか知らん人にバッタリ会ったんやけど、全く誰だか分からなくて、思わず「写真と全然顔ちゃうやんか!!!」と叫びそうになったわ…。

 昔はライトを使って美白にしたり、角度を変えて写真を撮ったり、努力してメイクを変えてみたり…「数十枚中の一枚が、奇跡の盛り写真!」っていう時代やったのに。今の時代はそんなことせんでも、アプリで撮影したらどの写真もパーフェクト! 加工アプリの機能もめっちゃクオリティが高くなって、カメラを顔にあてるだけでフルメイクが出来たり、犬になったり…実際に無いものがリアルに写っとったり、ほんますごいなぁと思う反面。「やり過ぎでは?」という心配の声も多く上がってきてるような。

 ということで、今回は「最近の行き過ぎた写真加工」についてツッコんでいきたいと思うで!

■パーフェクトな加工アプリの裏側

 昔に比べて簡単に編集・加工できる時代になったのはすごく大きなメリットやな! 便利なアプリやと思う、考えた人すごい! しかし、そんなパーフェクトなアプリ達も、やり過ぎるとよく無いことも…。

 クオリティが高い分、人間ばなれしているようなスキン加工や、もはや整形したんか!? と思うような修正も出来てしまう。つまり、写真と実際の人物が全く一致せんくて、「誰だこいつ!?」となってしまうデメリットが発生。

 仕事場やカフェ、買い物中に知り合いにばったり会って話しかけても、誰だか気付いてもらえないって、恥ずかしく無い? 写真写りは悪いけど、「実際会ったらめっちゃ可愛い!」って思ってもらえる方が何倍も嬉しいやん! 逆に、写真めっちゃ可愛いくて、ほんまタイプ!って思っててフォローしてた人が、実際会った時に「誰やねん!?」ってなった時は自分もショックやし、相手も恥をかくはめになるよな。

 インスタグラムやSNSのフォローをしあうのも、その子の生活や、スキンケア方法や、ファッションが好きやったり。めっちゃ可愛くて憧れの存在やったりするからやろ? でも最近は加工のせいで本人のスタイルもちゃうし、顔も別人!(CGで存在しないキャラ作ってんのと一緒やな)

 もう…お前らほぼ嘘やん!!!!!

関連ニュース