記事詳細

「とと姉ちゃん」妹役、相楽樹が石井裕也監督と結婚 年内に出産予定

 NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」でヒロインの妹を演じた女優、相楽樹(いつき、23)が映画「舟を編む」の石井裕也監督(35)と結婚していたことが明らかになった。しかも相楽はすでに妊娠しているという。

 21日付スポーツ報知が報じた。同紙によると、相楽は年内に出産予定だという。石井監督は映画「川の底からこんにちは」に主演した女優、満島ひかり(32)と2010年に結婚したが、16年に離婚しており、再婚になる。

 相楽は石井監督の作品に出演したことはないが、これまでのインタビューでは「憧れの人」として、是枝裕和監督(56)とともに、石井監督を挙げていた。

 相楽は10年のテレビ朝日系「熱海の捜査官」で女優デビュー。16年の「とと姉ちゃん」でブレークし、昨年3月にはテレビ東京系「こんにちは、女優の相楽樹です。」で初主演。テレビドラマや映画、CMに多数出演している。

 一方の石井監督は「川の底からこんにちは」でブルーリボン賞監督賞を史上最年少で受賞。「舟を編む」では米アカデミー賞外国語映画部門の日本代表作品に選出されるなど若手の実力派として活躍している。