記事詳細

【外国人が見るニッポン】イラン人コスプレイヤー、心の叫び「ストップ! 巨乳差別」 (2/3ページ)

■増え続ける巨乳差別

 さて、ここからは私は嫌われる覚悟をする必要があるかもしれません。なぜなら、巨乳は日頃から発言に気を付けて生きているからです…。

 例えば巨乳が「私、巨乳だから服装困っちゃう」って言うと周りから自慢だと思われますが、貧乳が「私、貧乳だから服装困っちゃう」って言っても誰も嫌な顔しません。

 むしろそこのあなた! 貧乳ってワードを使った私を最低と思っているのではないでしょうか?

 このように巨乳は日頃、気を使って喋らないと周りから嫌われやすいので、かなり発言には気を付けてます。

 ですが、今回は嫌われてもいいので、私が体験した巨乳差別のお話をしましょう。

 名付けて「空気を読まない女子とデレカシーのない男性達!!」

 まず、男女が沢山集まる打ち合わせでのよくある話です。私は最近、男性が多い飲み会や打ち合わせには、あらかじめ友達におっぱいの話をさせないようにしているので私の友達は大丈夫ですが、そうじゃない子はずっとずっと「痛子さんのおっぱい大きいでしょ!」「いいなぁ、私なんて小さいから」と余計な話をします。

 するとデリカシーのない男性は「俺、胸大きいの無理なんだよな」やら「胸大きい子より細い子が好き」とか言い出します。それを聞いて私の胸の話題をしていた女性は満面な笑みを浮かべたりします。

 ちょっと待って! あなた明らかに自分が褒められる為に私を利用しましたよね?!

 それから男性達! 目の前に巨乳の私がいますよ! よくそんな思いやりない事が言えますね!

 まだまだありますよ。私の前で女性が「私、貧乳だから」って話をすると男性が「俺、胸大きい女って苦手! 気持ち悪い」って言う人がいます。

 ちょっと待って気持ち悪いって何? それ暴言だって少し考えれば小学生でも分かるよね!

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース