記事詳細

「NEWS ZERO」メーンキャスター就任 有働アナが日テレを選んだワケ… 「NHK出身の大物先輩がいないから」 (1/2ページ)

 10月から日本テレビ系報道番組「NEWS ZERO」のメーンキャスターに就任することが発表された元NHKの有働由美子アナウンサー(49)。日テレが民放各社の争奪戦を勝ち抜いた形だが、有働アナが日テレを選んだのには意味があるというのだ。

 NHK退社時に“ジャーナリスト宣言”をした有働アナ。退社から半年で、念願かなってのキャスター就任といったところだろう。

 「各局とも、人気の有働アナとはいえ、さすがに新番組を立ち上げるわけにもいかない。そんな中、日テレは現キャスターである村尾信尚氏(62)の降板が決まったことで空きができた。先に特番で起用するなどしてきた日テレの作戦勝ちです。これで好きな女子アナランキングの1位(水卜麻美アナ)と2位を抱えることになるわけです」と放送関係者。

 有働アナが日テレを選んだことには、もう一つ理由があるというのだ。「日テレには、NHK出身の先輩にあたる大物キャスターがいないということです」とマスコミ関係者は指摘する。

 つまり、こういうことだ。TBSには「ビビット」に出演する堀尾正明アナ(63)がいる。また「世界・ふしぎ発見!」で司会を務める草野仁(74)は大先輩にあたる。

 フジテレビには、「Mr.サンデー」に出演しているジャーナリスト、木村太郎氏(80)や現在は病気療養中だが大塚範一(69)が、そしてテレビ東京には有働アナも尊敬するジャーナリスト、池上彰氏(67)がいるのだ。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース