記事詳細

ジャズ界の巨匠・コルトレーン 幻のアルバム発見! 絶頂期に録音、未発表曲も収録

 ジャズ界の巨匠でサックス奏者、ジョン・コルトレーン(1926~67年)の未発表のオリジナル曲2曲(無題)を含む、63年にスタジオ収録された幻の音源が見つかっていたことが8日、分かった。世界的に著名なコルトレーン研究家の藤岡靖洋さんは「絶頂期の公式レコーディングで素晴らしい演奏だ」と評価している。

 ユニバーサルミュージックは、これらの音源を収録したアルバム「ザ・ロスト・アルバム」を29日に世界同時発売する。

 演奏者はコルトレーン、マッコイ・タイナー、ジミー・ギャリソン、エルビン・ジョーンズの「黄金のカルテット」。米国のスタジオでの演奏記録は残っていたが、音源は行方不明だった。

 録音日は名盤「ジョン・コルトレーン・アンド・ジョニー・ハートマン」の収録前日の63年3月6日。ユニバーサルによると、マスターテープは廃棄されたとみられるが、コルトレーンが演奏を自宅でチェックするために同時録音したオープンリールのテープを、当時の妻ナイーマに預けていた。2005年にナイーマの遺族が、自宅に保管していたテープをオークションに出品しようとし、存在が分かった。

zakzakの最新情報を受け取ろう