記事詳細

【ぴいぷる】目指すは80歳の映画人! 映画監督・河瀬直美 カンヌ100回目のポスターの中で跳んでいたい (1/3ページ)

 ■映画と共存30年

 映画と共存して今年で30年を迎える。バスケットボール少女は、18歳でカメラと出合う。

 1997年、今村昌平監督「うなぎ」が最高賞パルムドールをとった第50回カンヌ国際映画祭で、新人賞にあたるカメラドールを「萌の朱雀」で受賞した。カメラを持ってから10年後だった。

 「海を渡るという経験が刺激的だった。映画を通して世界が見えてきたという思いは、映画を作れば、もう一度、(海外の)彼らに会えるという思いへと変わりました」

 それが原動力となり、10年後、第60回では「殯(もがり)の森」がパルムドールに次ぐグランプリを受賞、さらに10年後の昨年は「光」でエキュメニカル賞を受賞した。

 「萌の朱雀」から「殯の森」までの10年で、最大の節目は「母親になったこと」だ。

 「母親になって、より地に足をつけて映画を作るようになりました。2003年の『沙羅双樹』には私自身も出演し、劇中でも母親を演じています。そして、今は中学2年生になった息子を、海外の映画祭に連れていく機会も多いですよ」

 ■「18年は開発の年」

 世界三大映画祭を制覇したオスカー女優、ジュリエット・ビノシュ(54)が主演し、永瀬正敏(51)、岩田剛典(29)らが出演する監督最新作「Vision」(8日公開)。

 企画構想から映画完成までに何年も要することが多い中、わずか1年前に生まれた企画だ。

 ビノシュが演じるのは世界を旅する紀行作家のジャンヌ。彼女は幻の薬草「Vision」を探し求めて、奈良・吉野の地を訪れる。そこで出会う人々、ジャンヌも人々も山さえも何かが変わっていく。「ビノシュはプロフェッショナルな女優ですから、撮影現場でもプロでした」

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース