記事詳細

今度は覚醒剤で逮捕者…トラブル続き「ライダー俳優」の呪い 強制わいせつ、事務所クビ、暴行被害で後遺症… (1/2ページ)

 覚醒剤を使用したとして、覚せい剤取締法違反容疑で警視庁原宿署に逮捕された俳優、松尾敏伸容疑者(40)は、劇場版「仮面ライダー響鬼」でライダーを演じていた。“ライダー俳優”といえば、先月もライダー俳優が強制わいせつ事件で逮捕されたばかり。“正義の味方”はいったいどこにいったのか。

 松尾容疑者は4月から5月上旬、東京都内かその周辺で覚醒剤を使用した疑いが持たれている。尿検査の結果、陽性反応が出たというが、本人は容疑を否認している。

 「最近、大手芸能事務所に移籍したようなブログを書いていましたが、実際にはまだ契約する前だったようです。今回の事件で俳優としての活動は難しくなったでしょう」と芸能関係者。

 ライダー俳優といえば、4月には「仮面ライダー鎧武」に出演した俳優、青木玄徳(30)が、酔っ払って女性に抱きつき、わいせつな行為をしたとして、強制わいせつ致傷などの疑いで逮捕されたことも記憶に新しい(不起訴処分)。

 「ライダー番組は若手の登龍門とあって、多くの俳優が出演を目指しています。出演俳優の中にはその後、大ブレークした俳優も少なくない。一方、なかなかブレークできず、くすぶっているケースも少なくない」とマスコミ関係者。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース