記事詳細

山口騒動の会見で見えたTOKIO、本当の人間関係 (1/2ページ)

 山口達也(46才)の事件を受けて、TOKIOの4人のメンバーは5月2日に会見を開いた。ここで、意外な素顔が見られたのが松岡昌宏(41才)だった。

 時折涙ぐみながらも一点を凝視し、「甘えの根源がTOKIOなら1日も早くなくした方がいい」「決してお酒が悪いんじゃない。悪いのは彼」など厳しい発言をし、並居るコメンテーターから喝采された。この発言も山口との「近さ」があるがゆえだ。

 「松岡くんは5才年上の山口くんを“あにい”と慕っていました。プライベートでも家族ぐるみで親しかった。西麻布のバーで2人が一緒にいるのも10年ほど前はよく見ましたね。それだけに今回のショックも大きかったでしょう。自分たちの社会的な立ち位置をしっかり把握していて漢気もあり、メンバーの中では“四男”でありながら、TOKIOの実質的なリーダーに見えましたね。実際とてもクレバーなので意見を求められることも多いようです」(芸能関係者)

 厳しい松岡の一方で、「心の中では彼に手を差し伸べたい」「辞表を受理しても見捨てることはできない」と揺れる胸中を明かした国分太一(43才)。

 「厳しいことを言いつつ、自分の弱い面も正直に見せるのが国分さん。立ち居振る舞いがうまいという印象を受けました。マイペースでプライベートでもあまりつるまないタイプです」(テレビ局関係者)

 最年長の47才で公式リーダーである城島茂は、「まとめ役」に近い。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース