記事詳細

酒気帯び運転で人身事故 広瀬すず兄に有罪判決 

 酒気帯び運転をした上、スマートフォンの操作に気を取られ乗用車に衝突、乗っていた男性にけがを負わせたとして、道交法違反と自動車運転処罰法違反の罪に問われた無職、大石晃也被告(24)に、静岡地裁(伊東顕裁判官)は10日、懲役8月、執行猶予3年(求刑懲役8月)の判決を言い渡した。大石被告は女優の広瀬アリス(23)、すず(19)姉妹の兄。

 大石被告は1月15日午前3時20分ごろ、静岡市清水区の県道で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転。左手に持ったスマホの操作に気を取られ、十分に前方の安全確認をせず乗用車に衝突、40代の男性に軽傷を負わせたとしている。検察側は論告で「事故さえ起こさなければ大丈夫だという甘い認識だった」と指摘した。

zakzakの最新情報を受け取ろう