記事詳細

まだあった! 山口達也のあきれた女癖 女性スタッフに股間触らせ…結婚時も「浮気部屋」 (1/2ページ)

 女子高生への強制わいせつ事件をめぐって、所属していたジャニーズ事務所から解雇された元TOKIOの山口達也(46)。泥酔しての犯行で、その酒癖の悪さがクローズアップされたが、ここに来て女癖の悪さも次々と飛び出してくる始末。いったい何から直せばいいのか。

 事件は2月12日夜、東京都内の山口のマンションで起きた。山口から呼び出された女子高生が友人と訪れたところ、無理やりにキスをされたというもの。9日発売の「週刊新潮」ではキスをした後、顔面をなめ回したと報じている。山口は強制わいせつ容疑で書類送検されたが、不起訴処分となった。

 山口は昼から酒を飲み、焼酎を1本空けており、泥酔状態だったという。この日は肝臓の数値を安定させるため1カ月ほど入院し、退院した当日。アルコール依存症との診断は出ていないというが、それに近い状態であることは間違いない。

 だが今回は「酒のせい」では済まされない事件だ。相手が未成年ということも含めて山口の女癖の悪さも、目を覆わんばかりの悪質さなのだ。

 発売中の「週刊女性」は、山口の“女上戸”ぶりを“要注意人物”と報じ、「ZIP!」(日本テレビ系)の飲み会で、酔っ払った山口が女性スタッフを連れて帰ったという証言を紹介している。

 さらには、CM撮影の打ち上げで行ったカラオケで、広告代理店の女性に股間を触らせていたという耳を疑うようなエピソードまで。

関連ニュース