記事詳細

キンキ堂本剛からSMAPへのメッセージに「愛ありすぎ」「お別れみたい」の声 (1/2ページ)

 7日放送のラジオ「KinKi Kidsのどんなもんヤ!」(文化放送)で、KinKi Kids・堂本剛(39)が“直属の先輩”であるSMAPへの熱い思いと、昨年6月に突発性難聴と診断された自身の左耳の現状について語った。ファンからは「泣いてしまった」「いい話」「先輩後輩の関係性がホントに好き」と言った声が寄せられている。

 番組冒頭、堂本はリスナーからの「久しぶりに中居くんと絡んでいる姿がとてもほほえましかったです」というはがきをきっかけに、中居正広(45)がMCを務めた「CDTV祝25周年SP」(4月7日放送、TBS系)でのエピソードを初告白した。事前に楽屋あいさつをした際、中居から「お前耳大丈夫なのか?」と聞かれたという堂本。「お兄ちゃんっていう存在」であるSMAPには「弟として甘えてしまう」といい、普通なら「あ、全然大丈夫ですよ」と答えるところを「全然ダメですねぇ」「厳しいですね。やっぱりなかなか、簡単には治らないみたいです」と今までの経緯と心の内をすべて打ち明けたという。

 その場では「全然なのかぁ」「そうか、大変だなぁ」とリアクションしていた中居だが、生放送の本番でも「耳どうなの」と質問。思わず「え、それ言っちゃうんですか」と応じてしまった堂本だが、中居の「大丈夫じゃないねんから大丈夫じゃないってちゃんと言ったらいい」「全部はしゃべれないかもしれないけど、自分の言葉で少しでも本音に近い言葉をしゃべれたらいいんじゃない?」という思いをくみ取り、ごまかさず正直に「全然大丈夫じゃないですねぇ」と答えたという。

 そして「中居さんには失礼かなと思いつつ、中居さんの名前を使うなら爆笑とらないといけないというのもあり(笑)、『中居くんよりはうまく歌えますよ』って言いました」と報告。「そしたらもう、『お前言ってくれたなぁ』みたいな感じで絡んでくださって、最後も『うまく歌えたようですねぇ』って笑いに変えてくれはったんで、すごく愛情を感じた時間だったなぁというふうに思いました」と続けた。

 入院したときには、中居だけでなく木村拓哉(45)からもメールをもらったという。彼にとってSMAPというグループは「誰が特にとか、そういう思いのない、ほんとにお兄ちゃんっていう存在」で、「いつまでも弟弟してんなよというところもあると思うんですけど」と前置きしつつ、「弟って強がれる瞬間もあるんですけど逆に甘えてしまう瞬間も多くなる」と述べ、幼いころから続く独特の関係性を説明した。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース