記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】山口達也解雇! 「兄い」と呼んで慕ってきた松岡昌宏の思い… (2/2ページ)

 メンバーが集まったときも、山口に向かいこう語ったという。

 「正直、あなたは病気です。自分の置かれている立場と今後のことにちゃんと向き合ってくれ。けっしてお酒は悪くない。悪いのは自分だ。そのことを考えて、改めてもらえない限り、俺たちは何もできない。話すのはそれからだ」

 世間も松岡の態度に共感を覚えたのではなかろうか。手ごころを加えない厳しさの裏には、嘘のない強い愛情が見えた。

 「テレビ収録の楽屋も一緒にするくらい、TOKIOメンバーは仲が良く、結束力が強いグループとして有名です。山口を将来において受け入れるのか、たびたび話題にのぼるでしょうが、結局はメンバー間の話し合いで決まるでしょう」(芸能関係者)

 そのキーパーソンとなるのは城島。TOKIO最年長のおじさんキャラで“頼りなげなリーダー”のイメージがあるが、実は男気があり情に厚いことでも知られ、メンバーからはとても愛され尊敬されている。

 契約解除は城島とジャニー喜多川社長が協議して決めた。山口の今後については、城島がメンバーの意見をどうまとめるかにかかっている。

 ■中村竜太郎(なかむら・りゅうたろう) ジャーナリスト。1964年1月19日生まれ。大学卒業後、会社員を経て、95年から文藝春秋「週刊文春」編集部で勤務。NHKプロデューサーの巨額横領事件やASKAの薬物疑惑など数多くのスクープを飛ばし、「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」の大賞受賞は3回と歴代最多。2014年末に独立。16年に『スクープ! 週刊文春エース記者の取材メモ』を出版。

zakzakの最新情報を受け取ろう