記事詳細

【のぞいてみたい「くノ一」の花園 ペリー荻野】大西結花のセクシー一直線「秘技」「くノ一忍法帖」 (1/2ページ)

★(4)

 くノ一を描いた名作といえば、ご存じ山田風太郎の「くノ一忍法帖」シリーズ。半世紀以上前に発表された原作は、さまざまな形で映像化されてきたが、中でも人気を集めたのが1990年代のセクシー一直線のオリジナルビデオと劇場版だ。

 いやもう、出るわ出るわ。すごい「秘技」が。くノ一が胸から火を出して浴びせかけ(忍法火炎乳)、股間から泡を放出して絡めとる(忍法夢幻泡影)なんてのは序の口。交合した相手の生気を吸い取ってミイラにし(忍法筒枯らし)、差し込んだ舌から武器をのどに入れ込んで仕留める(忍法とかげ舌)も朝飯前でやってのける。子宮を密着させて大事な胎児を別のくノ一に移動させるって、ほんとですか!?

 女体のすべてを駆使して繰り出す荒唐無稽な技は「忍法天女貝」「忍法千手観音」などネーミングも素晴らしい。そんな技なら一度試したい…なんて思ってるそこのあなた。命はないですよ。

 劇場公開された「くノ一忍法帖月影抄」は、8代将軍徳川吉宗が進める享保の改革で質素倹約ムードの時代が舞台。名君と名高い吉宗はとんでもない好色上様だったのだ。おかげで大奥も腐敗の一途。吉宗の悪行をめぐって、伊賀くノ一と甲賀忍び卍谷衆の死闘が始まる。

 主演は元スケバン刑事の大西結花(49)。90年代、アダルトビデオ界を席巻した白石ひとみ(46)も出演し、ファンを喜ばせている。そしていよいよクライマックス。のしのしと登場したのは、なんと金髪の南蛮くノ一マリアだった。彼女は高笑いしながら、豊かな胸をむき出し、見せた! 秘技「母如礼縫亡」(ボジョレーヌーボー)。くノ一の秘技には国境も鎖国も関係なし!

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース