記事詳細

【ぴいぷる】櫻井翔、心を動かす変幻“ショー” キャスター、俳優、アイドル…「瞬間、瞬間で記憶に残る仕事したい」 (1/3ページ)

 キャスターとしても目覚ましい活躍を見せる国民的アイドルだ。2月に開催された平昌冬季オリンピックでは、日本テレビ系の特別番組でスペシャルキャスターを務めた。

 「言葉数の少ないアスリートたちの本来の思いというのを、見ている方に届けたいなと思ってやっていました。なので、事前にたくさんの資料を読み込みましたね」

 2006年から「NEWS ZERO」(日本テレビ系)で月曜キャスターを担当している。番組が始まって間もない頃に、こんなアドバイスをもらったという。

 「福澤(朗)さんに『“車輪のキャスター”のように、人から人へ情報を運んでいくというのも、キャスターなんだよね』とお話をしていただいたんです。情報や思いの運び役になりたいですね」

 人気者の彼がキャスターをやることでの影響力は大きい。

 「初めて選挙特番をやらせていただいたときは『コンサート会場のうちわを持って、選挙会場に行きます』と言ってくださる方もいて。ファンの人にとって何かのきっかけになることがあったら、うれしいです」

 そう遠くない未来に、メーンキャスターになることもあるのでは?

 「いやいや、到底考えられないですね。14年ほど(メーンキャスターの)村尾(信尚)さんの隣にいさせていただいていますが、その背中に追いつくどころか、知れば知るほど遠のいていきます。メーンでやることを夢に掲げてやっているわけではないです。報道に携わっている以上、社会的に弱い立場の人の背中を押せたらいいなとは思いますが」

zakzakの最新情報を受け取ろう