記事詳細

SKEが地元で単独コンサート 珠理奈「ファンは友達というよりも家族」 サプライズ昇格に「SKE48らしさ全開でいきたい」 (1/3ページ)

 SKE48が4月28日、名古屋市の日本ガイシホールで単独コンサート「10周年突入 春のファン祭り!~友達100人できるかな?~」を開催した。今年の「AKB48世界選抜総選挙」の開催地が地元・ナゴヤドームに決まったSKE48。単独コンサートは2017年9月24日の大矢真那卒業コンサート以来で、会場には合計1万4000人(7000人×2回)のファンが駆け付けた。

 昼公演、overtureが流れ終わると、松井珠理奈(21)の「全員で思い出を作りましょう!SKE48祭りにようこそ!」という掛け声でコンサートが開幕。1曲目「SKE48フェスティバル」でメンバー全員がアリーナ席の通路に移動すると、早くも会場のボルテージはMAXに達した。

 その後、11人となった新生ラブ・クレッシェンドの「コップの中の木漏れ日」からユニット祭りへ突入。キュートな衣装で珠理奈、野島樺乃(16)、野村実代(15)が登場し「天使のしっぽ」を披露すると、会場中からは「お~っ!」という歓声が上がった。

 MCではSKE48が「中日ドラゴンズ応援大使」に就任することなどが発表された。大のドラゴンズファンとして知られる日高優月(20)は「SKE48と中日ドラゴンズの架け橋になることが夢だったので、本当にうれしいです。SKE48も今年で10周年を迎えるので、他球団のファンの方も応援してください」と喜びを爆発させた。プロ野球交流戦開幕シリーズの5月29日から3日間、ナゴヤドームで行われるドラゴンズ対オリックス戦に早速ドラゴンズ応援大使と してイベントに出演するという。

 アンコールでは会場中がオレンジに染まる中、珠理奈が「日本ガイシホールはSKE48の1期生の思い出の場所で、さみしいなって気持ちもありました。でも今回のリハーサルでメンバーのパワーを感じて、今のSKE48は最高だなって。その気持ちのまま、今日、ステージに立ってみて、友達(=ファン)って最高だなって思いました。でもどんなときでも応援してくださるみなさんは、友達というよりも家族だと思います!」とあいさつ。昼公演のラストは「SKEフェスティバル」で締めくくった。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース