記事詳細

渋谷すばる、ジャニーズ退社の裏に確執と孤立 幹部の評価あまり高くなく… (1/2ページ)

 人気グループ「関ジャニ∞」からの脱退とジャニーズ事務所からの退社を発表した渋谷すばる(36)。電撃発表の背景にいったい何があったのか。事務所との確執も聞こえてくる。TOKIOの山口達也(46)が強制わいせつ事件で書類送検されるという事件も起きた。今、ジャニーズ事務所に何が起きているのか。

 今月15日に東京都内で記者会見に臨んだ渋谷。グループの他のメンバーも同席する中、グループからの脱退と同事務所からの退所を報告。

 理由として「今までの環境ではなく、すべて自分自身の責任の下で今後の人生を音楽でまっとうすべく、海外で音楽を学び、今後さらに自分の音楽というものを深く追求していきたい」などと説明した。

 民放テレビ局の情報番組スタッフは語る。

 「会見をみる限り、メンバー間でも、円満な脱退とは言い切れない空気感でした。渋谷さんはもともとアーティスト志向が強く、バラエティー色を前面に押し出してブレークした『関ジャニ∞』の中でも、最近はちょっと浮いている印象でしたからね」

 実際、会見で本人は否定したが、「バラエティー番組に出るのが嫌だったのでは」といった質問も飛びだすなど、周囲からは渋谷とグループの方向性の違いが危惧されていたのは間違いない。

 そうした中、渋谷の決断を後押ししたと言われているのが、同事務所幹部との確執だったというのだ。

 「渋谷さんは一部幹部とあまり相性がよくないと言われていました」と前出の番組スタッフ。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース