記事詳細

安室奈美恵もビビらせた振付師 AKB公演“地獄の特訓”の裏にある“師弟愛” (1/6ページ)

 AKB48のシングル曲「ヘビーローテーション」や「フライングゲット」などの振り付けを手掛けた牧野アンナ氏(46)がプロデュースする公演「ヤバいよ!ついて来れんのか?!」が東京・秋葉原のAKB48劇場でスタートした。芸能一家に生まれ、安室奈美恵(40)ら数々のスターを輩出した「沖縄アクターズスクール」のインストラクターとして活動するなど、芸能界において数々の功績を残してきた牧野氏は48グループメンバーからは“鬼軍曹”として恐れられている。そんな彼女がこのタイミングで手掛けた公演は業界内で大きな話題となり、17日の初日には多くの報道陣が詰めかけた。

 牧野アンナとは一体どんな人物なのか。彼女の足跡を振り返りながら、48グループにもたらした影響力の大きさを検証していく。(zakzak編集部)

■自身のアイドル経験を生かして後進を指導

 牧野氏は、日本の芸能界に偉大な足跡を残した一大芸能一家「マキノ家」に生まれている。明治時代から300本以上の時代劇映画を製作して“日本映画の父”と呼ばれたマキノ省三氏を曽祖父に持ち、祖父は映画「次郎長三国志」「丹下左膳」などの監督・マキノ雅弘氏だ。父は沖縄アクターズスクール校長のマキノ正幸氏(77)。俳優・津川雅彦(78)も親戚(しんせき)関係にある。

 そんなサラブレッドとして生まれた彼女は1987年、15歳でソロアイドルとしてデビューしている。1stシングル「Love Song探して」は「ドラゴンクエストII」の「ふっかつのじゅもん」入力画面で流れる同曲に歌詞を乗せたもので、ダンサブルなアレンジでリリースされた。92年には安室が参加するアイドルグループ「SUPER MONKEY’S」のリーダーとして再デビュー。後に安室は当時のレッスンを振り返り、「沖縄んアイドル」(琉球放送)において「アンナが怖くて…『やる気がない。態度が悪い』ってメンバーから外されたり…」と指導の厳しさを告白している。デビュー前は牧野氏がセンターを務めていたが、その後、安室にバトンタッチ。彼女のカリスマ性に圧倒され、牧野氏は沖縄アクターズスクールのインストラクター、振付師の道へ進む。

 以降、SPEED、三浦大和(30)などのダンス指導やダウン症の子どもにダンスを教える「LOVEJUNX」の代表としても活動。2008年からAKB48グループの振り付けに関わり、「大声ダイヤモンド」「言い訳Maybe」「RIVER」「ポニーテールとシュシュ」「#好きなんだ」など、多数のシングル表題曲をキャッチーなダンスで表現してきた。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース