記事詳細

2018東レキャンギャル夢乃が教える「キャンギャルの仕事」

 大手メーカーの商品を彩るキャンペーンガール(キャンギャル)といえば、芸能界の登竜門としても知られているが、その活動内容は意外と知られていない。水着で微笑む彼女たちはどんな活動をしているのか? 2018年東レキャンペーンガールの夢乃に聞いてみた。

 * * *

 昨年5月から4段階の選考を経て、“採用”を伝えられたのが7月末でした。それからポスター撮影をしたり研修センターで東レの社史を学んだりした後、10月25日に記者発表会でお披露目されました。

 この5か月の主な活動は、東レキャンペーンガールとして、新聞や社内報の取材を受けたり、東レの展示会に参加することでした。展示会では新素材の着用モデルをしたり、家庭用浄水器「トレビーノ」を紹介したりします。

 トーク形式で製品を説明することもあるので、事前の勉強が大変です。12月に東京ビッグサイトで行なわれた展示会「エコプロ2017」では、東レのブースで一般のお客様向けに撮影会をやったりしました。東レの創業地・滋賀にある関係会社の新年会にもゲストとして呼ばれたんです。未成年なので、乾杯はジュースでした(笑い)。

 記者発表会以降、水着姿になる活動は、4月6日に池袋で開催された三愛水着楽園ビーチリゾート水着ショーが初めてでした。やっぱりちょっと照れますね。今後は、7~8月に全国の工場や事業場で開かれる夏祭りに浴衣姿で参加する活動が控えています。毎週どこかの地方を訪問するので大忙しですが、お祭り好きなので楽しみです。たくさんの方にお会いして、東レの製品と夢乃のことを知っていただきたいです。

 【プロフィール】ゆめの/2000年1月28日生まれ。東京都出身。身長173cm、B87・W59・H91。趣味はお神輿担ぎ。特技は高校時代の3年間、体育祭の応援団で身につけた演舞。キャンペーンガールの選考でも披露した。

 ※週刊ポスト2018年4月20日号

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース