記事詳細

【ぴいぷる】朝の顔から夕方の顔に 気象予報士・酒井千佳、移り変わるこころ模様 「結婚願望はありますよ!」 (1/3ページ)

 いまやフジテレビの“夕方の顔”になった彼女。金沢、大阪で4年間の局アナ生活を送ったが、フリー転身は意外にも仕事が決まらない中、半ば「見切り発車」だったというから驚きだ。

 「今思えば、本当に無謀でしたね」と笑う。

 「だって、東京に行くことを先に決めちゃっていましたから。幸い、仕事自体は上京直前に決まりましたが、猶予は一人暮らしができる貯金が底をつく2年。自信があったワケでもないですし、ずっとオーディションに落ち続けたら、諦めて地元の関西に帰るだろうなと思っていました」

 最大の武器は、アナウンサー生活1年目に自力で取得した気象予報士の資格。フリー転身2年目に『Oha!4 NEWS LIVE』(日本テレビ系)の出演チャンスがめぐってきた。20代の人気女性フリーアナの中で徐々に頭角を現した。

 体力的なことも考えれば早朝の番組にずっと出続けるのは難しい。今度は「勝負は3年」と腹をくくった。

 局アナ時代は「実践の機会が少なかった」と嘆くが、同時に「出演チャンスをもらえることで、スキルアップできる部分がある」と意欲を燃やした。

 現場では中田有紀、吉竹史ら先輩アナとの雑談が楽しみだった。無我夢中で走りきった仲間とは今でも月に1回は集うという大切な「戦友」だ。

 「『昨日、自宅にゴキブリが出て…』という身の上話から、最新の芸能の話題まで。学校に通う感覚でしたね」

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース