記事詳細

【外国人が見るニッポン】外国人をムカっとさせる日本人の無神経な一言 (1/4ページ)

 皆さん スパースハイ!(ロシア語でイースターおめでとう!)

 ロシア系関西人のブラスです。

 ロシアでは去る4月8日の日曜日がイースター(復活祭)でした。

 ロシアのイースターではゆで卵に綺麗な絵を描き、とっておきの卵を1つ選んだら他の家族の卵とぶつけ合う。それを何度か繰り返して最終的に割れない卵を持っていた人がその年1番幸運であるという、だから何やねんというような行事が行われます。

 ただ日本で子供の日の鯉のぼりをあげる家庭が減ったようにロシアでもそれをやる家庭は減ってきている様子で時代の流れってものは時として悲しいものですね。

 一方の日本では桜のシーズン。こればかりは毎年毎年飽きもせずに同じ桜をみているにも関わらず、やっぱり「綺麗!」「素敵!」と感動をさせられ、来年もまた花見に行くのでしょう。

 桜というものは花の美しさそのものよりも、冬が終わった安心感、新しい何かが始まるワクワク感、そんなものを皆楽しんでいるのではないでしょうか。

 4月は新しい人に出会う季節。仲の良い友達が増える反面、他人とぶつかることの多い季節でもあると思います。僕のような日本に住む外国人も4月になれば数多くの人に出会い、ほぼ毎年同じような質問をされ、その受け答えの中で仲間や敵が増えていきます。

 初対面の人とのコミュニケーションはやっぱり難しいものです。相手がどんな立場でどんな考え方をしているか分からないので安易に面白いことも言えず、当たり障りのない会話をするのですが、あまりにも当たり障りがなさすぎると本当にツマラナイ人間だと思われてしまいます。その会話のバランス感覚が求められる訳ですが、とくに相手が外国人だと文化の違いや相手の立場を理解するのは難しいものでしょう。

 そこで今回は、外国人とのコミュニケーションに失敗しないために「外国人をムカっとさせる日本人の無神経な一言」を紹介しましょう。

 もちろんこれは僕個人が外国人として日本に生活する上で感じたことだし、ロシア人だからこその内容もあります。偉そうに好き勝手に申しますが、全ての外国人には当てはまる訳ではないということだけはご了承くださいね。

■アソコの毛は何色なの?

 面白いと思って聞いてるんやろうけど、普通にセクハラやから!!

 と言うか、もしかして今わたくしの股間周りを想像しているの?? いやーーん。

 これ初対面でも聞いてくる人、本当にいます。毎回「ひ・み・つ」とか適当に言って切り抜けますが結構引いてます。一応正確な回答をさせていただくと、人間は誰でも眉毛と脇毛とアソコの毛は同じ色です。髪の毛と同じ色とは限りません。だからどうしても気になるのであればその人の眉毛を観察して「ふむふむ」とご自分の中で留めることにしましょう。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース