記事詳細

後進に道譲った有働さん“男気”退社が思わぬ余波 批判浴びる居座りNHKアナたち 異例長期レギュラー小野アナ 産休・育休繰り返し6年の青山アナ (1/2ページ)

 NHKを退社し、ジャーナリストの道を歩み始めた有働由美子・元アナウンサー(49)。フリーになった途端、メディアでは毀誉褒貶が飛び交っているが、あっさりと8年も続いたレギュラー番組を降板した潔さには、局内から称賛の声も聞こえてくるのだ。

 「NHKはたとえ人気アナウンサーでも一局員にすぎない。同じ部署に3年いたら、異動対象になります。井上あさひアナ(36)が『ニュースウオッチ9』を降りた後、京都放送局に異動したのも通常の人事異動でしたから」と放送関係者。

 8年も『あさイチ』のキャスターを続けていること自体が異例だったわけだ。この放送関係者は「もちろん高視聴率が望めることや共演の井ノ原快彦(41)側の希望もあり、顔ぶれが変わらなかったという面もありますが、降板は来たるべくして来たということです」とも。

 「あさイチ」の後任には、若手の有望株である近江友里恵アナ(29)が就いている。まさに後進に道を譲った形だが、「次々と若手アナが育ってきている中、いつまでも異動もなく東京に籍を置き続けるアナウンサーがいるため、若手アナがなかなか東京に上がってこれないのです。ある意味、有働さんの決断は後進のためには評価されています」と別の関係者はささやく。

関連ニュース