記事詳細

関ジャニ大倉のクセの強いこだわりに安田「想像力が豊かすぎんねんて!」 渋谷は大爆笑 (1/2ページ)

 24日に放送された「関ジャニ∞クロニクル」(フジテレビ系)で、関ジャニ∞の錦戸亮(33)と大倉忠義(32)がクセの強いこだわりを明かし、番組を盛り上げた。

 この日は中山秀征(50)とブルゾンちえみ(27)をゲストに迎え、自分以外の“もうひとり”だけに共感してもらえそうなエピソードを語り合う共感ゲーム「もひとりおるおる」が放送された。関ジャニ∞からは錦戸、大倉のほか、渋谷すばる(36)、丸山隆平(34)、安田章大(33)が参加した。

 ブルゾンの「寝るときに、髪の毛びしょびしょで寝る人」という提案には、錦戸と大倉が共感した。メンバーからも「マジで!?」(丸山)などと驚きの声が上がったが、安田は「(錦戸を指し)あ、乾かしてない」と指摘。仕事場などの錦戸を思い出しながら「ドライヤー使ってるとこ見たことない」とつぶやいた。

 ブルゾンは、「ドライヤーが小さいころから(家に)なかった」と告白して周囲を驚かせたが、錦戸は「僕、風邪引いたときだけ乾かします!」とドヤ顔。しかし「(風邪を)引いてからは遅いわ!」(渋谷)、「ぬれてるから風邪引いてるの!」(中山)と鋭くツッコまれてしまい、反論もできずただただ笑うのみ…。そんな錦戸の様子に笑いが起こった。

 続いて「海に行ったときに、浅瀬でチャプチャプしかしない」という提案で共感を狙った大倉。結果はブルゾンにのみ共感してもらえたことで、「もひとりおるおる」を達成したが、その理由について「海ほど未確定なものはないと思ってるんです。だから、怖いんです」と語りだし、周囲を困惑させた。

 「何が起こるか分からない」と恐怖の真意について語る大倉に中山が「ジョーズみたいな?」とフォロー。「そう。人類は海底の一番下まで到達してないらしいんですよ」と不安げな表情を浮べる大倉に渋谷は「危ないもんな、圧で。(一番下までは)行かれへんな」と賛同した。さらに大倉が「なんで『安全なんだ』って言い切って(海に)潜ってるんだって思うと…」と付け加えると、中山までも「見たことないものがあるかもしれないんだ」と大倉の考えに理解を示し始めた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース