記事詳細

【ご用心!大厄の美女たち】田中みな実“こじらせ女子”にキャラ変更 女性支持アップ (1/2ページ)

 かつては“ぶりっ子”キャラで、女性ウケもあまりよくなかったのがフリーアナウンサーの田中みな実(31)。ところが最近は、ちょっと風向きが変わってきたようだ。

 TBSの局アナ時代には「サンデージャポン」などに出演する、いわゆるアイドルアナだった彼女。「みんなのみな実」を自称し、“あひる口”を強調した、あからさまなぶりっ子キャラを全開していた。

 フリーになっても当初はそのイメージがなかなか抜けず、苦戦していたが、「元カレのオリエンタルラジオの藤森慎吾との破局などをへて、アラサーになったころには、自虐ネタもいとわない“こじらせ女子”キャラが定着したのです」と民放関係者。

 昨年のバラエティー番組内で、稼いだお金の使い道について「自分のために使って、洋服買いました、化粧品買いました。で、私は満たされていますか」と“心の闇”をさらけだした上、「男の人を好きになれないし、なるタイミングもない」とぶっちゃけて、スタジオをどん引きさせたことも。

 「こうした赤裸々トークが逆に女性の支持を得るようになってきたんです。がちがちに自分を作っているようにみられていましたが、実は飾らない人柄が少しずつ受け入れられるようになってきました」と先の民放関係者。

 そんな中、発表したのが、雑誌「an・an」でみせた肘でバストを隠したセミヌードだった。多くの女性から称賛の声が上がったが、「もし、フリーになった直後だったら、そんな声は上がらなかったでしょう。むしろ、そんな企画自体が立ち上がらなかったといってもいい。完全に潮目は変わっています」と出版関係者。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース