記事詳細

【新橋のネクタイ巻き TV視てますか?】“300の顔をもつ男”大杉漣さんの集大成かもしれない『バイプレイヤーズ』

 21日夜、自宅で夕ご飯を食べながらNHK『ニュースウオッチ9』をながめていたら、桑子真帆キャスターが「ここで訃報があります」。

 誰だろうと画面を見たら、「俳優の大杉漣さんが本日午前4時前、急性心不全のため亡くなりました。66歳でした…」。

 最大級に驚いた。そのまま食事は取りやめ。一息ついて、録画予約の赤いランプが点灯を始めたのに気付いた。「そうか、今夜は9時54分からテレ東で『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』第3話が放送されるんだっけ…」

 2週間前の2月7日に見た第1話「バイプレイヤー、無人島に暮らす」が大杉さんを“生前”に見られた最後のドラマになるとは…。

 この欄で1年前、アイウエオ順に、遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研が本人役で“主演”した『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』を第6話を中心に書いた。その第6話のパロディーともいえるのが今回の第2期(寺島は欠場)の第1話だった。なにしろ劇中ドラマ(朝ドラ!)の出演者として、いわくつきの小日向文世が出るわ、役所広司が出るわ、大杉さんら5人の代役として野間口徹や甲本雅裕なども出るわ…。

 そして、アイウエオ順なら遠藤憲一が先でも、リーダー格は何と言っても大杉さんなのだ。年の功からいってもそうだが、第1話はそのへんのビミョーな感じ(5人が4人乗りの手作りボートで無人島から脱出を図るさい、大杉さんが「オレが一番年長だから」と言い張って真っ先に乗り込み、ひっくり返るあたりのオカシさ)が何とも言えない。

 このドラマ、“300の顔をもつ男”と言われた大杉さんのある意味、集大成かもしれない。最終回(3月7日放送予定)はどうなるかな…。(新橋のネクタイ巻き)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース