記事詳細

SKE珠理奈、NMB山本らが銅メダリストを胸キュンフレーズで狙い撃ち! ファンも「今度、握手会でやってもらおう(笑)」 (1/2ページ)

 20日深夜放送の「AKBINGO!」(日本テレビ系)で、SKE48・松井珠理奈(20)やNMB48・山本彩(24)らがロンドン五輪銅メダリストの立石諒(28)のハートを奪うべく、「胸キュンフレーズ」対決を繰り広げた。

 この日、番組ではAKB48グループメンバーが自ら考えた胸キュンセリフで相手を落とす「Kyun-1グランプリ2018」の続編が放送された。

 珠理奈は「グループでの戦いになるとやっぱり負けたくないな、という気持ちがあるので、立石さんから金メダルをいただけたら」とやる気満々。「仕事で悩む彼を元気づける一言」として、落ち込む立石に「私は聞こえてたよ。あなたの心の声。私の心の声も聞こえるかな?悩んでる顔も好きだよ」と述べた。立石は「なんか気持ちいいっすね、これ」とほほ笑んだ。

 AKB48・向井地美音(20)は「諒君のすごいところは水泳だけじゃないって知ってるし、私にとってはずっと1番だよ」とボディータッチ。立石は「助かる~」とおでこを拭い、メンバーたちはスタンディングオベーションした。

 NGT48・荻野由佳(19)は「あまりかわいい萌えキュンとかが上手ではないので、私らしく元気に癒してあげたらなと」とし、「諒ちゃん!立って」と呼びかけ、「青春時計」を歌って踊り、「何があってもへこたれない」と自身のキャッチフレーズを使って励ました。荻野は「“ちゃん”の方が仲良い感じがする」と言うが、立石は「ちょっと気づかなかったです」とちょっぷり塩対応だった。

 最後に挑んだ山本は「NMBらしく」と意気込んでステージへ。「バラエティーで一言もしゃべれなかった」と落ち込む立石に、山本は「いやいやいや。さっきのめっちゃおもろかったやん。スーイスーイ」と平泳ぎをまねると、「純粋に面白い!」と立石。しかし軍配は珠理奈に上がった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース