記事詳細

俳優の川地民夫さんが死去 「まむしの兄弟」シリーズ 「ウルトラマンティガ」にも出演

 俳優の川地民夫(かわち・たみお、本名河地猛=かわち・たけし)さんが10日に亡くなっていたことが11日分かった。79歳だった。通夜は15日午後6時、葬儀・告別式は16日午後1時、神奈川県逗子市久木1の2の6、逗子二葉会館で営まれる。

 逗子市に生まれ、隣に石原裕次郎さん(享年52)が住んでいた縁で、大学1年のときに日活に入社。昭和33年に映画「陽のあたる坂道」でデビューし、主演の裕次郎さんの弟役を演じた。「野獣の青春」や、菅原文太さん(享年81)とダブル主演を果たした「まむしの兄弟」シリーズなどの映画作品で人気を博した。

 テレビドラマなどでも活躍し、特撮作品「ウルトラマンティガ」では防衛チームの総監役を演じた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう