記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】逮捕の西山茉希の前所属事務所社長、「女調達」で世渡りしたゲスっぷり 暴走族上がりでホラ吹き (1/2ページ)

 「西山茉希が噛み付いてきた」

 「マネジャーの1人が横領をしていて、それさえなければお金をもっと支払えていた」

 「裁判になったら、これでもかっていうくらいにやりますよ」

 昨年6月、ワイドショーの取材に対し激しい口調で反論していたのはタレント、西山茉希(32)の前所属事務所「オフィスエムアンドビー」社長の池田啓太郎容疑者(52)だ。

 西山が給与の未払いやデビュー以来13年間昇給がなかったことなどを女性誌で告発し発覚したトラブル。“奴隷労働”かタレントのわがままか、世間の意見は分かれたが、一方の当事者である池田容疑者は昨年12月15日と今年1月5日に覚せい剤取締法違反(使用)容疑で警視庁南大沢署に逮捕されていた。

 「昨年10月に覚醒剤事件で逮捕された女性から池田容疑者が浮上。翌月に家宅捜査した際、彼はベランダで倒れていました。病院に搬送され、覚醒剤の陽性反応が出ましたが逃亡。12月に長野県小諸市で発見されたときには、覚醒剤と使用器具が見つかった。2回の逮捕はそれぞれ東京と長野で覚醒剤を使用した疑いです」(捜査関係者)

 池田容疑者は「仕事のストレスでやった。新宿で外国人から買うなどして手に入れた」と犯行を大筋認めているという。

 同容疑者を古くから知る友人は、ハッタリ屋だと評する。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう