記事詳細

【立川志らべ 週刊BSマップ】“伝説の直木賞作家”が書いた国民的ホームドラマ「寺内貫太郎一家」

★「寺内貫太郎一家」1月12日(金)午後8時、BS12

 最近、BS12・トゥエルビは私好みの番組を放送してくれます。

 現在、「寺内貫太郎一家」が火~金曜日の午後8時に放送中なのです。12日は第6話が放送されます。

 里子(加藤治子)が頭痛を訴えても、短気で不器用な貫太郎(小林亜星)は心にもない言葉を口にしてしまう。そんな貫太郎に腹を立てた周平(西城秀樹)は…。

 昭和の時代、多くの人が夢中になったホームドラマです。

 昭和49年の放送なので、当時、私は生まれていません。でも、このドラマは向田邦子の脚本であり、小林亜星と西城秀樹の喧嘩や、樹木希林が沢田研二のポスターを見て「ジュリ~!」と叫ぶ場面が有名だということは私ですら知っています。

 個人的には、少し前に読んだ向田邦子のエッセーで「我ながら寺内貫太郎というのはいい名前をつけた」と書いていたのを読んだばかり。実際にドラマを見ると、向田邦子は脚本だけではなく、「原案」という立場でもあるのですね。

 あの伝説の直木賞作家が書いた伝説の国民的ドラマを今からでも楽しもうではないですか! (立川志らべ)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう