記事詳細

【ぴいぷる】夏帆、2年前に思い悩んだ女優業 「もう迷わない、女優が楽しい」 12日公開「伊藤くん A to E」で“ヘビー級処女”熱演 (1/3ページ)

 テレビドラマや映画にひっぱりダコの若手女優だ。昨年はドラマ「監獄のお姫さま」(TBS系)に出演し、主演の小泉今日子をはじめ、森下愛子、坂井真紀、菅野美穂ら先輩の女優たちと共演した。

 「みなさん、すてきな女優さんばかりで、こんな風に年を重ねていくのってすてきだなって思いました。純粋に物作りが好きな人たちが多くて、そういう先輩たちを見ながら現場にいられて、とても幸せな時間でした」

 自身もそんな女優になりたいという。

 「どうしたらあんな風になれるのだろうと思うのですが、今あることをちゃんと手を抜かずに積み重ねていくことが大切なんでしょうね」

 12日公開の岡田将生&木村文乃のW主演映画「伊藤くん A to E」(廣木隆一監督)では、ヘビー級処女、神保実希を熱演している。

 「実希に共感できるところがあるような、ないような…というところではあるのですが、ここまで人を思い続けられるいちずさはすごいし、周りが見えないほど自分のことでいっぱいいっぱいになってしまっているところとか、人間らしいなと思いますね」

 イケメン、自意識過剰、無神経というモンスター級の痛い男・伊藤誠二郎(岡田将生)に振り回される4人の女と、ネタのために恋の相談に乗る崖っぷち脚本家・矢崎莉桜(木村文乃)の恋愛ミステリーだ。

 「『こういう人いるよね』というリアリティーと、『こんな人はいないよね』というファンタジーが、絶妙なバランスの作品なんです。いろいろな女性が出てくるので、男性は図鑑のような感じで楽しんでいただいてもいいですね」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう