記事詳細

【大鶴義丹 それってOUTだぜ!】18年は不倫騒動が激減!? 有名芸能人の方々には本気で身辺整理を実施してほしい (1/2ページ)

 思えば、2016年初頭のあの“ゲス不倫”騒動から始まった平成最後の芸能界「不倫大粛清」も、17年は“寝取られ遊戯”で幕を閉じた。

 私としては、自分自身も含め、いよいよ平成も終わりに近づく18年は、同業者の不倫騒動発覚ゼロをここで祈願したい。

 その気持ちを込めて、今このコラムを書いているので、もし本稿を読んでいる不倫継続中の有名芸能人の方がいれば、本気で身辺整理を実施してもらいたい。

 出版不況のカンフル剤となった芸能人の「不倫大粛清」に対しては、大罪を監視するという公器たる役目を忘れているのでは、という市民感情もある。

 だが、もともとが低俗気質極まりない私ら傾奇者の目をやっと覚ましてくれたという感謝の気持ちで受け止めるようにしている。“何とかは芸の肥やし”というようなカビ臭い昭和テーゼは、今やハリウッドでも通用しない時代だ。

 私ら芸能人も、これからは技能者として純粋に技術を極めていく時代になったようだ。

 18年は同業の内部情報からも、芸能人の不倫騒動は激減すると予見している。実際に飯が食えなくなった同業者を何人も目の当たりにしているのに、いまだに不倫を継続している有名芸能人がいるのなら、麻薬常習者並みに何かがまひしている方だ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう